ワインボトル型の
スプーンラック

プレゼント品

愛知県のO様よりご依頼のあった、初めてのタイプのスプーンラックです。
ご友人へのご新居完成祝いのプレゼントとして、ご相談がありました。

当初、手書きのイメージ図をお送りいただいたところから始まりました。
そのイメージは、ボトルが3本程度のものでしたが、もっとインパクトを出すためにボトルを8本に増やし、シャンパンボトルも織り交ぜてイメージ図を描き直し、GOサインをいただきました。

琉球ガラスのコーヒーテーブル

材はアルダー材を使用し、サイズは縦47㎝、横幅36㎝。

ただ単に、1枚の板にボトルの絵を描き、輪郭をくり抜いただけではいまひとつリアリティーが感じられず、試行錯誤の末、何種類かの厚さのボトルを重ねて貼りつけ、色も何種類も塗り分けて全体に立体感を出しました。

写真ではわかりにくいのですが、厚さの違うボトルをいくつも作り、そのまま重ねるだけだと、3段にもなると全体がものすごい厚さになってしまうので、重なりの部分は裏側を後ろのボトルの形に欠き込んであったり…と、非常に手間をかけてあります。

琉球ガラスのコーヒーテーブル

琉球ガラスのコーヒーテーブル

1本ずつだったり、何本かまとめたり、いくつものパーツを組み合わせると、これこのとおり。^^

同じ平面で複数のボトルがある段は、ボトルの輪郭をウッドバーニングで描き込み、ラベルの形もバーニングしました。



色も何色かで塗り分けたので、手前味噌ですが、ほぼイメージした通り、立体的なワインラックが完成しました。

O様もご自身の手書きのイメージが立体になったので、お送りした際にはとても感動してくださり、お友達にも喜んでいただけたようです。
苦労した甲斐がありました。^^

今までずいぶんとスプーンラックを作ってきましたが、今回の作品は、新たな可能性も見せてくれた記念すべきものとなりました。

琉球ガラスのコーヒーテーブル

琉球ガラスのコーヒーテーブル

こちらは若干色を変えて製作したもの。
設置場所の制約から、横幅を微妙に狭くした作品です。
前列の両サイドのボトルの色を変え、全体的に明るい仕上げとしました。