木製のミニ
ラグビーボール

¥ プレゼント品

サラリーマン時代の先輩からご注文をいただきました。
お嬢様がラグビーの大ファンで大好きな選手にプレゼントをしたいとのことでした。

当工房には旋盤がないため(技術もない・・・)以前務めていた木工所の専門職人に頼み、
木をタマゴ型に削ってもらいました。
縫い目、字などはすべて「当工房の」職人の手作業です。

材料は、本体がなら(オーク)、ベースがアルダー。
直径が9cmくらい、長さが20cmくらいの手のひらサイズです。
ダークオークのステインにシェラック仕上げ。


木製ミニ・ラグビーボール

“翔”の字は、飛翔の「翔」だけでなく、
お嬢様がファンである選手の名前の一文字でもあるそうです。

ボールを飾るベース。
いろいろな角度に置くことができます。

木製ミニ・ラグビーボール

木製ミニ・ラグビーボール

第2弾のご注文は片側に「飛躍」と「紅蓮」の2種類、
どちらとももう片側には「荒ぶる」の文字入りです。

当初この文字をお聞きした際に、「飛躍と紅蓮はいいとして
「荒ぶる」とはまた古風なクサイ(失礼!)言い回しだなあ」と
思ったものでしたが、その後テレビを見ていたら、「早稲田が・・」
「「荒ぶる」を・・・・」とのコメントが!

この先輩は早稲田のご出身。
調べたところ、ご存知の方はご存知だと思いますが、
『荒ぶる」とは、“早稲田が大学選手権で
優勝したときのみに歌える第二部歌”とのこと。
(因みに第一部歌は「北風」だそうです。トリビア?)

そんな由緒ある感動的な歌の題名であるとは
露知らず、よりによって「クサイ」などと思って
しまった自分が恥ずかしい。
気のせいか、このことを知ってから改めてこのボール
を見たら、なんとなく男のロマンが垣間見えるような
気がする私って・・・・・・。

木製ミニ・ラグビーボール

展示用ラグビーボール

その後もプレゼント品として、いろいろな方からご注文をいただいております。ありがとうございます。