折りたたみ式ちゃぶ台

¥140,000(参考価格)

豊島区にお住まいのM様にご注文いただきました。

以前から違う卓袱台を愛用されていたそうですが、脚を折りたたむ時に大きな音がして、2匹の愛猫たちが
毎回驚いて逃げてしまうのが非常にかわいそうで、今回新調して、猫たちに静かな生活を・・・・というのが
ご注文の経緯だったので、表題は「猫に優しい・・・」とあいなりました。

材は得意のアルダー。
程よいムラがあたたかな雰囲気を出してくれています。
猫たちが乗り降りするときにも安心なように、すべての角は丸めて当たりをやわらかくしており、
色合いともあいまって優しい雰囲気の佇まいとなりました。

明るい感じがお好みだったので、色はライトオークのオイルステインに水性ウレタンのクリアーで仕上げています。

折りたたみ式ちゃぶ台

サイズは高さ33cm、天板で間口88cm、奥行き60cm。

右の裏返しの写真が、卓袱台の卓袱台たる所以である 折りたたみ式の脚の構造部分。

天板下の幕板というフレームの中にもう一回り フレームがあるように見えるのですが、 これが脚の繋ぎと、開いた後に 脚が閉じてしまわないように支える構造体です。

隠れていて見えませんが、脚が回る支点になる丸棒は アルミ製、その受け側の穴は、何度も開け閉めしても 比較的磨り減りにくい、硬い材料を組み込んであります。

左下の写真のように、支えを内側に折りたたむと、脚の 構造が中側に倒れてきます。

そして全て畳まれた上体が右下の写真。

当然ですが・・・・こうすると非常にコンパクトになり、壁際に 立てかけておけばお部屋は広々。

折りたたみ式ちゃぶ台

折りたたみ式ちゃぶ台

「卓袱台」というと少し古臭い感じがしますが、 (私は星一徹氏しか思い浮かばなかった・・・) こんなモダンな感じのデザインと仕上げにすれば ごくごく普通のコーヒーテーブルになります。

しかしながら、脚の構造部分は、きつからず、ゆるからず、 0.1mm単位の精度で加工する必要があることや 上述の穴加工などなど、見えない部分での手間が 非常にかかっているので お値段は・・・ ちょっと高めになってしまうのです。

以上、当工房の検品係兼スポークスマンの 看板娘「らむ」よりのご説明でした。

折りたたみ式ちゃぶ台