インテリア暖炉

¥120,000(参考価格)

暖炉のある暖かなリビングにあこがれていました。
アメリカやヨーロッパではとてもポピュラーな暖炉ですが、家のサイズの関係もあってか日本ではほとんど見かけません。
そこで、クリスマスということもあり、以前作った木馬同様、いつか作ってみたかった暖炉に今回挑戦してみました。

欧米のものは実用品がほとんどですが、今回の日本仕様「インテリア暖炉」
別名「なんちゃって暖炉」は、きちんと背板の入った、日本サイズで、インテリアや飾り棚として使えるものに作りました。

天板の幅93cm、奥行き23cm、全体の高さ1m。
アルダー材にダークオークの着色、仕上げはシェラックで柔らかい肌触りです。



インテリア暖炉

構造はいたってシンプルですが、細かい装飾が
いろいろと施してあり、クラシックで重厚感のある
仕上がりです。モールディングやヘッドブロックなど、
あまり普段の家具ではお目にかからない装飾ですが、
これさえあれば、あなたのお部屋もちょっとシックに
まとまります。

シンプルモダンなお部屋には、もっとシンプルな
装飾で作ってもいいかもしれませんね。

背板が入っている中央部分には棚板をつければ本棚にもなります。天板上はお気に入りのディスプレーで飾り棚としてお使いください。

この年のクリスマスにも間に合い、
毎年恒例の我が家のクリスマスツリーも木馬を横に従えて、
暖炉脇で心なしかいつもよりいい雰囲気に見えます。

インテリア暖炉

インテリア暖炉

因みにツリーの下のプレゼントの山は「ハリボテ」ではなく、
甥っ子、姪っ子へのプレゼントや
友人たちとのクリスマスパーティーのプレゼント交換用、
果ては夫婦でお互いにいくつかずつ贈りあっている
中身入りの本物です。