アンティークゴルフクラブの
ディスプレイケース

¥74,000(参考価格)

兵庫県芦屋にお住まいのA様よりのご注文。

前回もゴルフボールラックをご注文いただいたA様、今回ももちろん(!)アイテムは”ゴルフ”関係です。
しかも6本用と7本用の2台。 海外で購入された、アンティークのゴルフクラブを額装したいとのことで、
以前、巨大スプーンディスプレーで採用した、背面にシックなグリーンの布地を貼った、奥行きのある額縁としました。

材は、額のみの重量もさることながら、それにクラブの重量も加わるため、なるべく軽量のものということで、
今回も得意のアルダー材です。
塗装はチークのオイルステインにクリアウレタンでの仕上げ。

ゴルフクラブのディスプレイケース

サイズは6本用が高さ61cm、幅1m32cm、
奥行き10cm、7本用が高さ67cm、幅1m37cmと
かなりの大きさです。

クラブはさすがアンティーク、ドライバーヘッドはパーシモン(柿)で
シャフトもなんと木製です。 いったい何の木か、非常に硬く、
この細さで、スイングしてもまったく折れそうもありません。

モスグリーンのバックとシルバーのアイアン、シャフトや額縁は
木製・・・クラブを乗せるフックは、当初木製も考えたのですが、
手元にあった、アンティーク調フックを合わせてみたところ、
非常によくマッチしたので、これを採用しました。

苦労したのが、ディスプレーの方法。

通常、クラブのディスプレーでは、ヘッドを一方向に寄せて並べ、
ヘッドは下に垂れるように飾ってあります。
訳は、それが簡単だからです。

しかし、きれいに見せるために、クラブを互い違いに並べ
(こうすると表も裏も見られます)、
ヘッドは、写真のように上向きにしようと思ったのですが、
重心が上にきてしまうので、ただ普通にフックに乗せると、
ヘッドはクルンと下に向いてしまいました。

ゴルフクラブのディスプレイケース

ゴルフクラブのディスプレイケース

そこで、写真ではほとんど見えないのですが、
金属部分にはシルバー、木製部分にはカッパー(銅)の、
非常に細い番線(針金)で下に落ちないように固定して、
なんとかこの姿を実現できました。

この重量物を壁面にディスプレーするので、
普通の額縁のように、ビスを1、2本打って吊り下げるわけには
いかず、写真のように、背中に板を渡し、「どっこ」という、
板と板をかみ合わせて固定する方法を取りました。
これはよく、吊り戸棚などの固定に使われるものです。

ゴルフクラブのディスプレイケース